« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

緊急事態は何の前触れもなく・・・

昨日のことです。

まあ、大惨事にならなかったのでココにも書いていられるんですが

昨日は個人的な用事で東京に出張でした。

電車移動の帰り、夜も結構いい時間。

小田原駅で20分待ち、駅の構内には僕以外誰もいない状況でした。

電話してたので、周りをそんなに気にしていなかったんです。

エスカレーターから降りてきたお母さん(推定年齢60才過ぎ)

が、なんか僕の目の前10mくらいでしゃがみこんだと思った瞬間。

視界から消えちゃったんです。一瞬状況が理解できなかったんですけど、線路に落ちたんですね。

緊急事態だっていう事は直ぐに気づいて、線路におりようとしました。もちろん、電車が来ないか確認してます。(後から思えばこの線路東京側からしか来ないのに、逆も一生懸命確認してました。チョット冷静ではなかった様ですね。)

ホームと線路の段差約120cmこれですよ。お母さんは泥酔。

言う事聞いてくれません。もちろんこの高さから落ちてケガをしていることも予想してましたが、とりあえず上がらないと自分もヤバイと思ったので、引きずり上げて肩に担いで何とか上げました。

当時、ホームには誰もいなく助けを大声で呼んでも、誰も反応なし。

隣のホームには回送電車が停車中で見えない状態。

一人で持ち上げられる体重の人でよかった。

酔っているからか、どこも痛くないとか言ってるので不安になり、駅員に引き渡して、帰って来ました。

.

.

.

.

一人で荷物をもって歩けていたのでよかったけど、この高さ、ヘタしたら大怪我してる高さだった。。。

電車来てたら、自分はどうしただろうか?

また助けている途中で電車が来たら、、、、横へ逃げるか?

引きずって横に動けたか?でかかったら出来たか?

引きずっている途中で間に合わないと思った時は手を離して一人で離れるか?

なんて事を落ち着いてから考え始めるようになってチョットブルーになりました。

こういうのをアフターショックって言うんですけどね。。。。

こういうときの対処法も救急法での講義で教えている立場なので知っているんですけど。実際、自分がなってみるとなかなか重たいもんです。こういう場合はぜひ相談してください。

.

取り合えず、誰も怪我しなくてよかったです。

台風あけの富戸!

「masudaokoze-1.wmv」をダウンロード

Sp1040578

は~い!台風明けのはじめてのヨコバマです!

そうそう、台風被害の報告からです。

ワキノハマのエントリー口の手すりや、地面のコンクリートが剥がれて復旧のめどがたたず、当分クローズになりそうです。

ヨコバマはそんなに酷くはなかったですけれど、大きな岩垣が崩れエントリー口付近にゴロンとしています。一応エントリーには問題ありません。(セーフ)

お隣海洋公園でも、ウットデッキが大破。大変な様子です。

.

さて、海の中はほんのチョットうねりは残ってますが水深3mでも問題ないくらいです。

透明度も10m以上あるし、少し奥に行けば15m以上見えます!!

水温も24度。暖かいです!

見られた魚は・・・。まだまだ群れがスゴイです!

ブリにカンパチ、キビナゴ、イサキ、タカベの大群も入ってきました!!

キラキラ綺麗ですよ~

小物では、砂地にマスダオコゼ(動画)結構レアかな?・・・

僕も毎年1匹か2匹くらいしか見ないかな?

波に揺られてユラ~ユラ~って感じなのが今日のゲストの大うけでした!

ベニカエルも一匹発見!前にいた子がカイメンの裏側に非難してました。

ん~、無事にあの台風をやり過ごせてよかったね~。

水深7mくらいだから酷く揺れてたんじゃないかな~?

それと、アオリイカの産卵床は大破!バラバラになっていました。(×_×)

でもまだ孵化していない卵は無事でした!よかったね~。

近くのヤギに10匹くらい産みに来てましたよ~。

まだ少し続くかな~。

みみが~

はいな~。

先日潜り終わってから、チョットみみを綿棒でいじっちゃったんですよね~。それが運のつき・・・(でも痒かったのよ~)

おかげで1週間ほど外耳炎ぽい症状で耳が痛かった~。

幸い(?)8月終わったとたん、平日ひま~~だったのでいい休養になりました。おかげで耳も治ったみたい!

そして、きょうは台風~。お店がこわれる~~~(マジで)

色々外においてた物が吹っ飛んでます。まあ良いや、明日になれば全てかたがつくかな?

そして週末は台風も落ち着いて良い感じになりそうです!

南からドンブラコッコとやってくる魚も楽しみです!!

9月は8月よりカラフルな魚多いですよ~。群れも多いですよ~。

水温もいいよ~!!

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »