衝動・・・

昨日のことです。

スーパーで売っている30m防水ライトなんてのがあるんですよね。

単一電池2個で光るヤツ。コレって電圧にすると3Vたいして明るくないんです。単一電池ってでっかいよな~。単三電池・・・・!!

.

そこで急に何の根拠もなく思い立ちました!単1電池の直径に単3電池4本入るんじゃないか?

.

そこで本日!

単三4本まとめて見ました。

P1030578 P1030580

長さも直径もほぼ同じ。

電池を直列でまとめたので、コレ一個で約6V(実際はもう少し低い。昔実験してみた。)

コレを2個作って・・・・直列に繋げば多分9Vくらいになるんだろ~な~。って根拠のない予想に達し。

そして、P1030581

水中ライトの豆電球を高電圧の物と交換。今回は8.63V/0.5Aのものを使用。デジカメで使いやすいように光を満遍なく散らす拡散板も合わせて製作。

.

P1030582

そして、ライトの中に組み込む。

恐る恐る電源を入れてみる・・・・・ついた!!

ん~消費電力の少ない豆電球なので少し明るさは物足りないけれどそれでも単三4本の使うライトに比べると格段と明るい!

P1030584

ん~、チョット電池の所は改良の余地アリだけどコレ作って販売してみようかしら?なんてことを又、性懲りも無く考えています。

大体1万円弱のライトに匹敵する明るさになっていると思います。

コレなら充電池付きでこの値段で出せるよね~。

.

注:水中ライトは本来改造する物では有りません。熱量や電圧等い色々危険なのでまねしないで下さい。この記事を参考に改造途中。または改造した物を使用して起きた障害は一切保障出来ませんのでお気をつけ下さい。

ドライのメンテ

はーい。今日はドライスーツのメンテやってました。

最近、うちに入ってきた中古のドライなんですが、コレが結構古め。

何とか使えるように使用とただ今メンテナンス中です。

コレがバルブのメンテ状況

Sp1020511 Sp1020512

こんな感じにばらせるように出来ています。

結構、部品少ないですね。でもみんなはやっちゃダメよ。

絶対壊すから。僕も昔、中身がどうなってるのかな~。なんてやってた時があって、その時散々いろんな部品を飛ばしたり、微妙な力加減で〆ている所をチョット力強く締めたもんだから割ったりと、オーバーホールどころか、解体専門でやってましたから。

おかげで、今では一部のレギのオーバーホール以外はあらかた出切る様になって来ました。

特に、BC(エアトリムは除く)やドライのバルブ類のメンテはお任せ下さいな。大体10~20分くらいで終わりますよ。

エアが漏れたりする前に、メンテはした方が良いですよ~。

エアが漏れるようになってくると、パーツ交換(有料)が掛かってくるのでお早めに。

★≡☆≡★≡☆≡★≡☆≡★≡☆≡★≡☆≡★≡☆≡★≡☆≡★≡

ダイビング講習 スキルアップ 減圧症相談 伊豆のツアー なら!

 リトルリッツ 

413-0232 静岡県伊東市八幡野1189-30 

TEL/FAX 050-1381-6052 

HP http://miyagino.biz/

メール ritz_futo@ybb.ne.jp

ブログ http://thelittlerizefields.cocolog-nifty.com/blog/

担当:佐藤トモアキ 

★≡☆≡★≡☆≡★≡☆≡★≡☆≡★≡☆≡★≡☆≡★≡☆≡★≡

メンテナンス マスク編

はいども~

今日から始まります。メンテナンスは大切!

シリーズ。夏を前に自分の器材もチェックしてみて下さい!

.

第一弾は「マスク」です。

前置き:

マスクの洗浄は正しい分解、組み立てのやり方を知らないと

マスクを破損する可能性が高いので、最寄の正しい知識のある方にアドバイスもらって下さいね!

もちろん、持ってきてもらえればやりますよ~。(サービス満点でいきますよ~~!)

.

さて、

まずは用意するもの

・バケツ

・歯ブラシ

・タオル(家の中でやる場合)

P1010212

まず分解。(マスクによって方法が異なります。)

.

P1010214

コレだけ汚れています。汚れの部分分かります?

今回はチョットサボりすぎたかな~?・・・・ごめんな~。

.

P1010213

基本的に洗剤は使いません。水又はぬるま湯でやりましょう。

汚れの殆んどは、水垢なのですぐに取れちゃいます。しか~し、

溝など、細かい部分に入り込んでいるので結構しんどい・・・・

.

P1010215

このと~り~♪

綺麗になりました♪

今年の夏もヨロシクな~。

I LOVE my器材!

マンティスマスクのクリアグリーン、ちょっとレアカラーで好きです!

.

コレはダメ!

マスクを濡れたままの放置、又は唾で曇り止めをしていると、マスク内にカビが生えます・・・・。(良く洗っても溝にカビが生えます。)

きちんと、曇り止めを使いましょうね。

もしくは・・・・裏技を使って、曇り止め要らず、水につけて指でこするだけで曇り止めになる方法を実施しましょう。

.

その裏ワザとは!!・・・・

マスクをこよなく愛して、しこたま使ってやりましょう~。

そのうち、マスクに水をつけて指でこするだけで曇らなくなります。

.

僕のマスクのレンズは、8年使ってるかな?

大丈夫。同じマスクで500本くらい潜ればなるからさ~・・・・無理か・・・

.

.

マスクの分解、洗浄、組み立てやりますよ~。

多少のカビなら薬品使わずに取る方法も有るので、

ご相談下さいね~。